美術館の・・・徒然日記


by arashiyama_hybrid
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:ハイブリッド ( 1 ) タグの人気記事

2番目の作品は、洋画における龍山の処女作です。

e0204535_14342586.jpg



この作品は龍山が小学校1年生(7才)の時、今は有名なラジオのDJになられた、
目のクリクリとした可愛らしいお嬢さんに大阪の海遊館に連れていってもらった時の、印象をもとに一生懸命に仕上げた作品です。

このときわたしは、龍山に8号のキャンバスと絵の具を与えただけで、
アドバイスらしいアドバイスはしてないんです。

ただ生き物を描くにあたって、一番大切なポイントは目なんやで・・・。とだけ、言った記憶があります。
目が死ぬと、生き物全体が死んでしまうんです。

今ふと、龍山の成長が頭をよぎりました。
龍山の成長をみていると、4才~10才の間が集中力がすごかった。

10才くらいから、内面の心のバランスと外界からの様々な刺激が増えてきたので、少し集中力が散漫となってきたような気がします。

話がちょっとそれたので、作品の話にもどりますが、
龍山の処女作はこつぶであるが、アッパレ!といいたいです。

それと、たいへん忙しい中(その当時、テレビ局のレポーターさん)、海遊館に龍山を連れて行ってくださった、M・Hさんに感謝をしなければいけません。

もし海遊館に連れていってもらわなかったら、大胆かつ生き物のあわれみを感じる、
切ない作品が出来なかった訳です。
本当にM・Hさん、ありがとうございました。
[PR]
by arashiyama_hybrid | 2010-10-27 15:11 | 嵐山ハイブリッド美術館