美術館の・・・徒然日記


by arashiyama_hybrid
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
小学校に入って龍山は友達と遊んでいても、
時間になると、さいならをして、絵を描いていました。
細かいとこまで、よく観察して描いていました。

筆で一言を書き入れました。
ほのぼのしていいなあと思います。

e0204535_1592426.jpge0204535_15102124.jpge0204535_15105783.jpg
e0204535_151284.jpge0204535_15125014.jpge0204535_15133394.jpg
e0204535_15144853.jpge0204535_15152743.jpge0204535_15155872.jpg

e0204535_15165128.jpge0204535_15172557.jpge0204535_15181939.jpg
e0204535_15195415.jpge0204535_15231088.jpge0204535_1524691.jpg

[PR]
by arashiyama_hybrid | 2010-11-11 15:25 | 嵐山ハイブリッド美術館
今度は3番目の作品です。
これは龍山のおはこである水墨画の何十点の作品の中の一つで、
雪舟の模写なんです。

e0204535_12382997.jpg


小学校6年生(12才)の時に、一つの区切りとして描いた絵なんです。
この時、龍山は絵を描き始めて8年目でこの時にはもう、
下書きなしで、雪舟を描くようになりました。

そればかりか、龍山らしい雰囲気も出ています。というのも、
保育園の時から、どういう訳か絵が枯れていました。
親ばかではなく、本当の話でその作品は、ゆうに100点は超えています。

この作品を契機に龍山は雪舟の絵が好きになったみたいです。
[PR]
by arashiyama_hybrid | 2010-10-28 13:09 | 麗水盆栽庭園